サーマクール | ペルラクリニック神宮前

 

サーマクール

メスを使わないたるみ治療気。たるみ治療のゴールドスタンダード、サーマクール

サーマクールとは

ウルセラとは

サーマクールは、2002年に米国で開発された「メスを使わないたるみ治療器」です。
最新機種であるサーマクールCPTは、痛みやダウンタイムがほとんどなく、施術効果の高い優れた機器として、これまで日本では5万人以上の方がお受けになり、現在も高い評価を得ています。 当院は、機器によるたるみ治療を専門にしていますが、90%以上の方がリピートされる治療です。

● 頬がたるんできて、ほうれい線が目立つ
● フェイスラインがぼやけてきた
● 二重顎のようなたるみがある
● 肌に弾力がなくなってきた
● たるみだけでなく、
  ニキビ・吹き出物がよく出る
● 毛穴を引き締めたい
● 顔を引き締め、小顔にしたい

新型サーマクールCPT

  • 1回の治療で半年から1年効果が継続
  • 安全性が高く痛みが少ない
  • ダウンタイムがない ※すぐに通常通りの生活ができます

左の写真が最新型サーマクールCPTです。

サーマクールは初代機、第2世代NXTを経て、現在の最新バージョンは第3世代サーマクールCPT(Comfort Pulse Technology)と呼ばれています。

痛くて施術が受けられないということはまずありませんが、不安だという方には、麻酔クリームの準備もございますのでお気軽にご相談ください。

新型サーマクールCPT

サーマクールのテクノロジー

治療直後の効果→治療後~約6ヶ月

即時的効果

サーマクールCPTのエネルギーソースである高周波(ラジオ波)は、皮膚の真皮層~皮下脂肪上層にかけて、むらなく熱作用を及ぼします。
この熱作用により、加齢などで緩んだ真皮層のコラーゲンが収縮することで、即時的な効果が得られます。

長期的効果(本来の効果)

同時に線維芽細胞(ファイブロブラスト)を刺激することにより、コラーゲン・エラスチンを増量し、真皮層を充実させ、皮膚にハリをもたらします。またサーマクールCPTは、皮膚や皮下組織を支えている線維性組織の緩みを引き締めますので、(加齢により緩んで落下した皮膚、皮下組織を元の位置に戻そうとしますので)、 タイトニング効果が現れ、結果としてリフト感が得られるのです。
サーマクールの即時効果は一時的なものです。本来の効果は治療後1か月から現れ始め、約3か月後にピークに達します。

小顔効果

さらに脂肪を若干縮小する作用もありますので、小顔効果もあり、久しぶりに会った人から「痩せたね」などと言われたという声をクライアント様から、よくお聞きします。

痛みが激減した理由

振動の感覚の方が脳によく伝わる。振動>痛み=痛くない!

過去のサーマクールとの違い

前のサーマクールは痛みが強く、お受けになる方にとって大きな負担となっていましたが、最新機種サーマクールCPTの場合は痛みはほとんどお感じになりません。

ゲートコントロールゼリー

治療ハンドピースにバイブレーション機能が加わり、振動を加えながら照射することによって、痛覚刺激がマスクされて痛みを感じにくくなります。この理論は、一般的にゲートコントロールセオリーと呼ばれています。

痛みが少なく、効果も高い

高周波の照射ルーチンや冷却機能も改善され、お顔に発生する熱を安全かつ長時間保つことができるようになったため、痛みが少なく、効果も高いという完成度の高い機器に進歩しました。

当院の特徴

01 新型チップ「トータルチップ」による施術も行っています

2013年より「トータルチップ」による施術を行っています。

お顔に接触し高周波を照射する部品を「チップ」と言いますが、これまで用いられていたものは「フレームチップ」と呼ばれるものでした。2013年に米国で「トータルチップ」という新型のチップがリリースされ、欧米ではその効果の高さから、当初よりかなり普及していたのですが、日本では代理店などの事情により、ようやく2016年に至り普及が始まったという流れです。

当院では、2013年当時に存在したソルタメディカル社(サーマクールの製造元)の日本支店に依頼し、トータルチップを入手し、試験治療を行い、有効性・安全性を確認して、早くからトータルチップによる施術をスタートしていました。

トータルチップの特徴

トータルチップ

このトータルチップは、従来のフレームチップに比べて、熱がより深く、大量に(約2倍)発生するように作られています。上図は照射時の組織の加熱状況(バルク加熱)を示しています。
左がトータルチップ、右がフレームチップ(従来のチップ)となりますが、トータルチップの方が深く、大量の熱が発生していることがわかります。

トータルチップの効果

従来のフレームチップよりトータルチップの方が、効果が高く、継続期間も長く、また施術に伴う痛みが少ないというのが特徴です。これは、私だけでなく、米国医師たち、実際に施術をお受けになった当院のクライアントの皆様の共通の見解です。

トータルチップのショット数

トータルチップは、現時点で900ショットのものしか存在していません。しかし、当院では、クライアント様のご要望を受け、400ショットあるいは600ショット のみ照射し、治療費を抑えたコースもございます。もちろん、残ったショットを使い回すことはありません。

02 数千件のサーマクール施術経験を持つ院長が、すべての方に最初から最後まで対応いたします。

高い施術効果を得るためには、術前の適切なデザイン、工夫した照射法が必要です。クリニックによっては、看護師など医師以外の者が施術を行うことがありますが、それでは十分な効果が出せない場合もあります。当院では、数千件のサーマクール施術経験を持つ院長が、すべての方に最初から最後まで対応いたします。

当院の治療後レポートが第三者機関である口コミ広場内にございます。是非参考にしてください。

非正規チップにご注意下さい!

低価格を謳うクリニックの中には、正規品ではないチップを使用している場合があります。非正規チップは安価で購入できますので、クリニックの経営上は有利なのかもしれませんが、そのようなチップはトラブルが発生する可能性が非常に高いのです。トラブルが発生した場合は、メーカーや正規販売代理店は一切の責任を負いませんので、お受けになる方にとっては二重に危険なのです。

当院では、ご本人の前でチップを開封し、正規品であることを
ご確認いただいています。

治療の流れ

診察→準備→マーキング→施術→治療後→その後の経過→その他

院長が、たるみの状態を診察し、ご希望をうかがいます。
サーマクールCPTの適応があれば、チップの種類やショット数をご相談のうえ決定します。

院長が診察、カウンセリングします

施術前に、必ずクレンジング・洗顔をして、メイクや汚れを落としていただきます。また、貴金属類、携帯電話はすべてはずしてください。その後、対極板を首の下あたりに貼らせていただきます。

施術の準備をします

施術を安全、確実に行なうために独自のマーキングを行ないます。格子状のマーキングは、術後落とす際に皮膚に負担をかけますので、当院では行っていません。

マーキングします

皮膚の状態を確認しつつ、クライアント様ごとに最も効果的な照射法をカスタムメイドして行っていきます。もちろん、認定医の院長がすべての方を施術いたします。

院長がすべての方を施術いたします

ダウンタイムはなく、すぐにお帰りになれます。
直後からメイクも可能ですので、必要な方はメイク道具をお持ちください。
(基礎化粧品は院内に常備しています)

治療後

即時的な効果もございますが、1か月後から本来の効果が現れ始め、
術後約3か月でピークに達します。施術効果は半年から1年継続します。

サーマクールのコース・料金

サーマクールCPT

CPT 400ショット 120,000円 / CPT 600ショット 150,000円 / CPT トータルチップ 400ショット 150,000円 / CPT トータルチップ 600ショット 180,000円 / CPT トータルチップ 900ショット 220,000円

サーマクールCPT+ウルセラ

たるみの状態によっては、ウルセラと併用することによって、より高い効果を得ることができます。

サーマクールCPT400+ウルセラ全顔270,000 / サーマクールCPT400+ウルセラ全顔・首300,000

メスを使わないたるみ治療器の双璧

  • ウルセラ
  • サーマクール