ウルセラ | ペルラクリニック神宮前

 

ウルセラ

メスを使わず、半永久的な効果! 多汗症、わきがにウルセラ

ウルセラとは

ウルセラとは

ウルセラは、HIFU(高強度集束超音波)という技術を用い、これまでの機器治療では不可能だった、深い筋膜層(SMAS)からの引き上げを可能にした最新のたるみ治療です。機器治療の中では最大のリフト効果があり、半年から1年ほど効果が継続します。
手術とは異なり、メスを使いませんので、傷は残らず、ダウンタイムもほとんどない治療で、直後から通常の生活をすることができます。また、目元などデリケートな部位の小じわやたるみにも一定の効果があります。

ウルセラの特徴

  • 機器によるたるみ治療の中では最大のリフト効果
  • 1回の治療で半年~1年程度効果が持続
  • ダウンタイムがなく傷跡も残りません ※すぐに通常通りの生活ができます

● まぶたが重く、目の開きが悪くなってきた
● ほうれい線が目立ってきた
● 顔の皮膚が下がって、顔立ちがぼやけている
● フェイスラインをシャープにしたい
● 首のたるみが目立つ
● 肌のハリや弾力を取り戻したい
● 毛穴を引き締めたい
● メスを入れずにリフトアップしたい

ご注意下さい!

近年、ウルセラを模造した韓国製・中国製の機器が大きな問題になっております。HIFUを使用しているものの、ウルセラと比較して効果がかなり少なく、トラブルも頻発しているという報告があります。
(正反対の事をサイトに記載しているクリニックもありますのでご注意ください)

異例なことですが、米国レーザー医学会誌において、医師に対してこれらの機器を用いないように警告文が出されているほどです。リフトアップの効果がFDAで認められているのはウルセラのみです。皆様には、是非「本物」をお選びいただきたいと思います。

ウルセラのテクノロジー

顔の解剖
表在性筋膜の図

皮下脂肪のさらに下に表在性筋膜と呼ばれるものがあります。具体的には帽状腱膜、前頭筋、浅側頭筋膜、SMAS、広頚筋と名付けられた連続性のある筋膜で、 フェイスリフトの手術の際は、これら筋膜を適切に処置することが重要だとされています。

筋膜から引き上げる

ウルセラが筋膜まで届いている様子

ウルセラシステムは、これまで機器の治療では不可能であった、筋膜層(SMAS)から引き上げることを可能にした最新たるみ治療器です。
また、HIFU(高強度集束超音波)という技術を美容医療に応用した最初の治療器でもあります。
「超音波」というと検査機器というイメージを一般の方はお持ちだと思いますが、それとは全く別物です。
HIFUは、太陽光をレンズで集束して紙などを燃やすことができるように超音波のエネルギーを一点に集めて、その小部分を凝固する技術です。
図のように、4.5mmの深さにある筋膜層に小さな熱凝固点(約1㎣)を多数つくることにより、筋膜を引き締め、リフトアップをはかります。
さらに、ウルセラは筋膜層だけでなく、比較的浅い部分(3㎜、1.5mm)にも熱凝固点をつくっていきます。つまり、深い筋膜層と同時に真皮に対しても、HIFUによる治療を重ねて行いますので、より高い効果を期待できるのです。

レイヤーで引き上げる

冷却層と治療層

当院では、4.5mm、3.0mm、1.5mmの3つのトランスデューサーを使用して施術を行っています。つまり、筋膜(SMAS)、皮膚~皮下組織、皮膚の3つのレイヤーに凝固スポットを形成し、お顔や顎下の部分を引き上げてます。
施術は組織の内部構造を超音波で確認しながら行いますし、神経などにあたらないように予め作図をして行いますので、熟練した医師の施術であればトラブルはほとんどありません(当院では、院長がすべて行います)。
1.5mmのトランスデューサーを使用している施設は少ないのですが、当院では治療効果の向上のために積極的に使用しています。さらに、目の周囲やほうれい線部分など、細かなコントロールを必要とする部分にも使用しますので、ナロータイプのトランスデューサーを導入し、きめ細かな治療を行っています。

ウルセラ治療の実際

ウルセラのモニター

ウルセラは、表面から4.5㎜まで熱影響が及びます。そのため、神経損傷のリスクがある場所を照射しないように、事前にマーキングを行います。

その後、左図のように、超音波画像で顔の内部の構造物を確認しながら、安全かつ適切な深度にHIFUを照射していきます。

ウルセラ治療の様子

院長がウルセラで治療している様子

当院では、すべての方の治療をウルセラ認定医の院長が行っています。画像のように機器をお顔にあて、ミリ単位でトランスデューサー細かくずらしながら超音波を照射していきます。通常、顔~首に渡り、数千もの小さな凝固点を形成していきます。

当院のウルセラ治療は、基本的に米国の最新プロトコルに沿って行いますが、圧力のかけ方、照射ベクトル、照射のオーバーラップのさせ方など独自の工夫を施し、照射数も通常よりも多めに行っています。

できるだけ高い効果を得られるように、日々研究し、各々の方に最適化した治療を提供することを心がけています。

当院の治療後レポートが第三者機関である口コミ広場内にございます。是非参考にしてください。

ウルセラのショット数に関して

ショット数に関しては、米国プロトコルを基準にして、クライアント様ごとにカスタマイズしています。(日本独時のプロトコルはショット数が少なめですので採用していません)
そもそも、

  • ● 人によって、お顔の表面積は結構違います。
  • ● 肌年齢も様々です。
  • ● 骨格や皮膚の厚み、皮下脂肪の状態も大きく異なります。

以上のような前提がありますので、誰に対しても同じショット数というのはありえないのです。
サーマクールCPTのように、機器の都合で初めからショット数が決まっているものと、
同じようには考えられず、カスタムメイドの治療が必要となるのです。

やはり痛みが心配という方に

痛みを最少化するため、冷却装置を用いて治療を行います。
冷却すると効果が落ちるという妄言を言う人もいますが、リサーチの結果、冷却しても効果には変わりはありませんので、ご安心ください。もちろん別途費用が生じることはありません。

治療の流れ

診察→準備→マーキング→施術→治療後→その後の経過→その他

まず、ウルセラの適応があるか否かを診察させていただきます。適応があれば、施術範囲をご相談のうえ決めます。

院長が診察します

施術前に、必ずクレンジング・洗顔をして、メイクや汚れを落としていただきます。

施術の準備をします

施術を安全、確実に行なうため、マーキングを行ないます。

マーキングをします

HIFU(高強度集束超音波)を照射します。超音波ガイド下で行ないますので、正確で安全な治療が行えます。

院長が施術を行います

必要があれば冷却を致しますが、通常はそのままお帰りになれますし直後からメイクも可能です。ダウンタイムはほぼありません。

治療後、ダウンタイムはほぼありません

即時的な効果もございますが、数か月(3~4ヶ月)かけて施術効果がピークに達します。

一時的な皮膚の赤みやミミズバレのような浮腫、筋肉痛のような軽微な痛み、圧痛、また、ごくまれにしびれ(主に頭部)が数週間~1か月程残存することがありますが、通常、日常生活やお仕事の支障になることはございません。

ウルセラのコース・料金

ウルセラ

たるみ治療は半年~1年程度の間隔で継続するのが理想的ですので、リーズナブルな設定にしています。

頬(こめかみ~フェイスライン)約320ショット150,000 / 頬(こめかみ~フェイスライン)+顎下約460ショット180,000 / 全顔(額~頬・フェイスライン)約400ショット170,000 / 全顔(額~頬・フェイスライン)+顎下約540ショット200,000 / 顎下のみ約140ショット80,000 / 3か月後の追加照射(タッチアップ)ショット数に応じて 50,000(100ショット)~

サーマクールCPT+ウルセラ

ウルセラ単体でも十分な効果が期待できますが、サーマクールCPTと併用したり交互に行うことで、より治療効果を高めることができます。

サーマクールCPT400+ウルセラ全顔270,000 / サーマクールCPT400+ウルセラ全顔・首300,000

メスを使わないたるみ治療器の双璧

  • ウルセラ
  • サーマクール